セパメッキ  貿易呼称:Tin Coated Label

買取価格はお問い合わせください。

セパメッキ  貿易呼称:Tin Coated Label

セパ材+錫メッキが施されている物。Niメッキ、Ni+Snメッキがある。
※一般的に日本国内の伸銅所で原料として使用されているのは錫メッキ
※Niメッキの物は山行または輸出されている。
※Ni+Snメッキというのは錫の下地を引いた上にNiメッキ(錫は接合性にすぐれている)。

発生源

セパメッキはプレス工場などが主な発生源となります。
加工性に優れた素材である為にいろいろな形の加工品に使用されます。代表的な製品としては自動車に張り巡らされているセンサーの端子コネクターなどがあげられます。
セパメッキはC2600(銅70%:亜鉛30%)やC2680(銅65%:亜鉛35%)といった黄銅板・条に錫メッキが施されたものです。

原料になるまでの工程

回収されたセパは、選別台で磁選(磁石を使用した選別)を行い、鉄の混入などが無いかをチェックします。同時に目視でもチェックを行いメッキ物やステンなどの異材がないか確認します。とても神経を使う大変な作業です。
そこで検品し終わったセパメッキはフレコンバックに入れられ、再度鉄片探知機という機械で最終検査を行い製造業者に金属原料として納品されます。

製造業者

製造業者に納品されたセパメッキは電気炉や反射炉などで溶解・鋳造されます。鋳造された塊は圧延や押出しといった技術により再び黄銅板・条や黄銅棒の半製品が製造されます。
そういった半製品が水栓関係の金具、携帯電話の端子部品やセンサーのコネクター部品など様々な製品にリサイクルされていきます。

真鍮の特性・用途

真鍮は電気伝導率・熱伝導率がとても高い特性を持っています。
また伸延性や圧延性、切削性も高く、メッキも施しやすいのでいろいろな形状なものへ加工することが出来ます。水栓金具などは真鍮であるものが多いです。
殺菌性も高い為、ドアノブやハンドルなどにもよく使用されます。
見た目もとても美しい為、贈答品、お祝い品などにも使用されます。

お問い合わせ

企画管理部 採用担当

〒221−0052 
神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1横浜クリエーションスクエア(YCSビル)1201
E-mail : 
yokohama@wakoh-kinzoku.co.jp