5052  貿易呼称:52S  JIS:A5052

買取価格はお問い合わせください。

5052  貿易呼称:52S  JIS:A5052

5052とはアルミにマグネシウムを添加して強度と耐食性を向上させた合金です。
中程度のマグネシウムを含有する代表的なものが5052で、アルミ合金全体の中で中程度の強度を持つ最も一般的な材料であります。

発生源

5052は板金材として使用される事が多いので、建築現場や、加工工場から発生します。

原料になるまでの工程

入荷した5052は分析機を使用し目視で、他の合金と混ざっていないか、ポンチ屑や異物・異材がないか、などを確認し、問題がなければプレス加工を行ったり、パレットに乗せたりして製造業者へと出荷されます。

主な用途

52の主な用途は船舶、車両、建築用内外装、缶のエンド、圧力容器、板金製品等があげられます。

製造業者

アルミスクラップを原料として生産しているメーカーは5つに分かれます。
・軽圧メーカー・・・パソコン向けのアルミ板やコンデンサー用にアルミ箔など様々な物そ製造
・二次合金メーカー・・・主に自動車向け部品用に鋳造した合金を製造
・脱酸材メーカー・・・主に高炉で使用される脱酸材を製造
・製缶メーカー・・・アルミ缶を原料としてアルミ缶を製造。いわゆるCAN to CAN
・ホイルメーカー・・・アルミホイルを原料としてアルミホイルを製造

アルミの特性

アルミニウムはいろいろな特性を持つ金属です。
1:軽い・・・アルミニウムの比重は2.7で銅に比べて約3分の1です。
2:耐食性がよい・・・空気中で酸化被膜を生成し、この被膜が腐食を自然に防止します。
4:加工性がよい・・・とても加工性がよい為、様々な形状で、様々な物に使用されます。
5:電気伝導性がよい・・・電気伝導率は銅の約60%程度だが、比重が3分の1である為、同じ重さではより多く電気を通します。
6:熱伝導性がよい・・・熱伝導率は鉄の約3倍です。
7:磁気を帯びない・・・アルミは非磁性体で磁場に影響されません。
8:低温に強い・・・低温プラントのタンク等にも使用されます。
9:光や熱を反射する・・・磨くと熱や光をよく反射します。
10:毒性がない・・・無害・無臭です。

お問い合わせ

企画管理部 採用担当

〒221−0052 
神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1横浜クリエーションスクエア(YCSビル)1201
E-mail : 
yokohama@wakoh-kinzoku.co.jp