SUS304

買取価格はお問い合わせください。

SUS304

・ステン304とは、Ni8%,Cr18%.と残り鉄の合金です。
NiとCrが合わさることで、表面の「酸化膜」の密着力がさらにあがるため、錆に強く、耐熱性も高い金属となります。
・熱を加えると磁性が発生します。
※ボルトは評価が落ちる事がある。
※フープ材、コイルは混ぜない(要結束,別管理)。
※風呂おけは断熱材の付着に注意。
※銅メッキの物は扱いにくいので注意。
※301や200系の混入に注意。
※水筒は返品対象。
 ※密閉物は返品対象。

発生源

ステンレスは耐食性や耐熱性に優れている為、広く一般的に使用されています。
例えば、厨房機器や食器、公園の滑り台、側溝のふた、自動車のマフラーなど数え上げるときりがありません。

原料になるまでの工程

入荷されたステンレスはマグネチェックを行い、鉄やクロムステンを取り除きます。
この時目視で、アルミなどが混入していないかなどのチェックも行います。スキルが必要な作業です。
炉前サイズでない物はプラズマで切断加工する事もあります。

製造業者

メーカーではステンレスを溶解鋳造しビレットを作ります。そのびレットが圧延、加工され、再びステンレスの製品として生まれ変わります。

ステンレスの特性

ステンレスのな性質は大気中での耐食性、耐酸性、耐孔食性、に優れ、錆や腐食に強い点がまず挙げられます。
また、鉄よりも固く強度もあります。
加工性については、溶接がしやすく、冷間成形においては深絞り加工、張出し加工どちらにも優れた特徴を見せる材料です。こうしたことから加工対象になることも多い素材で、多くの工業分野で目にする材料の一つです。

お問い合わせ

企画管理部 採用担当

〒221−0052 
神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1横浜クリエーションスクエア(YCSビル)1201
E-mail : 
yokohama@wakoh-kinzoku.co.jp